弊社共同代表の方 健太郎がNewsPicksのプロピッカーに就任!独自の視点でコメントを日々投稿しています→ フォローする

ケニアの電動モビリティブームはサステイナブルに実現可能なのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

英語でも読めます:English ver. is available below

ケニアでは、最近、電動モビリティ市場が急成長しています。公共交通機関が整備されていないため、旅客輸送の大部分は「ボダボダ」と呼ばれるモトタクシーでまかなわれています。

現在、ケニアだけでも200万台以上のオートバイが登録されています。東アフリカ地域全体のオートバイの登録台数は500万台以上と推定されており、このセグメントは15%以上の成長率を遂げています。電動モビリティにとって大きな市場であり、ケニアでは多くの注目と投資を集めています。

コンサルティング会社Dalbergの調査によると、ケニアでは50社近くのEVスタートアップが存在するとされています。最大の市場は公共交通機関用のオートバイで、次いでバスが市場を占有しています。燃料への補助金が限られており、太陽光、風力、東アフリカでは地熱といった再生可能なエネルギーが利用できるため、環境的にも経済的にも電気自動車への移行は理にかなっています。

image credit: Ampersand

しかし、次のような課題もあります。

  1. eバイクは主にタクシーとして使用され、ドライバーにとって走行距離が短い二輪車の増加に対応するためにも、しっかりとした充電インフラを構築する必要がある
  2. 市場のニーズに応え、現地で組み立てられ、メンテナンスが可能なバイクとバッテリーの製品化
  3. バッテリーの所有モデルを、交換型 /オープンネットワークモデルで解決する必要がある
    • バッテリーは、運転行動や充電・放電のサイクルによって、異なる速度で劣化していく
    • 石油会社がLPGガスボンベで経験したように、これらの資産の「損失」は、ビジネス全体を危険にさらす可能性がある。さらに、キャニスターはリチウムイオンバッテリーよりもはるかに価値が低い
目次

都市型電動モビリティのキープレイヤー

Roam / motorbikes

2017年に設立されたスウェーデン・ケニア企業のRoamは、現地生産の電動バイクとバスを納入する最初の企業となりました。彼らはケニアでバイクとバス車両を組み立てています。100人近い従業員と、2021年に7億5千万ドル(約1000億円)というかなりの資金調達をした同社は、今やアフリカで電気自動車を提供するリーディングカンパニーとなりました。

Roamはコミューター、つまり個人が自宅から職場まで利用するバイクに焦点を合わせており、大きなタクシー市場にはまだ取り組んでいません。ライダーはバイクとバッテリーを所有し、主に自宅で充電します。

しかし、RoamはTotalEnergiesと共同でバッテリーのレンタルステーションをいくつか設置し、ドライバーはバッテリーを借りて移動時間を延長することができるようにする予定です。Roamはリーダーでありながら、バッテリー交換モデルを追求しないことを選択し、他のプレーヤーがそれを実現することに託しているのです。

image credit: Roam

Stima / motorbikes

Stimaは、2021年に2人のバッテリーエンジニアが立ち上げた、フランス・ケニアのテクノロジースタートアップです。同社はケニアに適したバイクを探すためにインドに目を向け、One Electricとパートナーシップを締結しました。また同社のバイクは、構造を強化し、バッテリーを大型化することで、現地の市場に適応していると言われています。

Stimaはバッテリーを自社で保有することを選択しました。盗難を防ぎ、適切な交換ステーションでしか充電できないようにするため、ジオフェンシング(一定範囲を超えると自動的にスイッチが切れる)と充電システムとのハンドシェイクを備えたスマートBMSを開発しました。

電気自動車の分野では、ChargePointEVBoxといったCPO(充電ポイント・オペレーター)が成功したのに続き、Stimaはフリート(車両)にも焦点を当てています。その流れからも、宅配会社のBolt foodと先月パートナーシップを結んだところです。同社初のスワッピングステーションは、ナイロビ最大級のショッピングモール、ウエストゲートショッピングモールや複合レストランの近くに設置されています。

また、ライダーの資金調達をサポートするため、金融会社Mogoともパートナーシップを締結しています。融資も、Bolt foodとの提携によって確保されています。(サービスによって引き起こされる物流需要)。このモデルは、クローズドループモデル(バッテリーが常に同じ充電ポイントに戻ってくる)を保証し、バイクのファイナンスを確保するものです。Stimaはまだ若い会社ですが、強固なプラットフォームとパートナーとのエコシステムを持つため、今後の展開にも目が離せません。

image credit: Stima Boda

Ampersand / motorbikes

Ampersandはもともとルワンダのスタートアップで、手頃な価格の電気自動車とボダボダドライバー向けの充電システムにフォーカスしています。同社は2019年からキガリで運営しており、この分野では最も長い実績があります。現在、5つのバッテリー交換ステーションで月間60,000件のバッテリー交換を請け負っています。

2022年半ばにTotalEnergiesとの提携で、ケニア市場への参入を発表しました。TotalEnergiesは、同社のサービスステーションに予備充電ステーションを3基設置し、立ち上げから電動バイク用のバッテリーに電力を供給する予定です。

Credit : CleanTechnica

Ampersandはバッテリーを所有し、ドライバーは月々の利用料とバッテリー交換の度に交換料を支払うという仕組みで成り立っています。同社は過去4年間、モバイルマネー決済を取り入れた堅牢なプラットフォームの開発と、バッテリーパックのバッテリー管理システムの改良に注力してきました。このシステムによって、利用者がバッテリーを追跡し、盗難や不正使用を防ぐために遠隔操作することができるようになります。同社は紛失した電池やネットワーク外での充電については詳細を語っていませんが、彼らのプラットフォームと経験によって、このモデルを解明することができたと言えるでしょう。

高速輸送の課題として注目される、電気バス

Basigo

BasiGoは最近、Keiki Capital、Trucks Venture Capital、Novastar Ventures、mobility54など複数の投資会社から660万ドル(約8億9千万円)を調達し、2023年1月からケニアで同社の電気バスの最初の商業デリバリーを開始する予定です。

Roam

Roamはバス輸送にも積極的で、最近、2時間で充電できる現地で組み立てた航続距離360kmの77人乗り電気バスを導入しました。

以下、EISの考察です

  • 東アフリカではバイクのe-Mobilityは明らかにチャンスですが、市場はまだ初期段階にあり、この産業が軌道に乗るためには解決しなければならない重要な課題がある
    • 充電器、バッテリー、車両の規格が定まっていないため、現地で入手できるスペアパーツが不足し、業界全体の規模効率が低下している
    • 能力開発:この新しいバリューチェーンとアフターマーケットをサポートするために、既存のメカニックの能力を向上させる必要がある
    • 業界内の知識共有の欠如が非効率を招いている
      (例:複数の企業が中国から輸入したバッテリーで同様の不具合に直面したが、最初の企業がその問題を後続企業と共有していれば、容易に回避できたはずである)
  • その点で、RoamやAmpersandのようなプレーヤーは、アフリカの電気モビリティと開発のための協会のような組織を通じて、業界の構造化を推進していると言えるだろう
  • e-Mobilityはすでに長い歴史を持ち、西ヨーロッパやアメリカの自動車部門と同様の成長を遂げており、アフリカの業界は先人の経験から学べば、これらの課題を克服し成長を続けることができる

最新記事を週2回メールでお届けします。
EIS Insightの無料メルマガに登録しませんか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてください!

気に入った記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる