弊社共同代表の方 健太郎がNewsPicksのプロピッカーに就任!独自の視点でコメントを日々投稿しています→フォローする

イーロン・マスクがWhatsAppを使うのを止めろと言い出した訳

URLをコピーする
URLをコピーしました!

WhatsAppは、全世界で20億人以上が使用する世界最大のメッセージング・アプリです。2014年にFACEBOOKが190億ドル(約2兆円)で買収しました。今では知らない人も多いですが、他のメッセージング・アプリが広告に埋もれているのを批判し、当初は有料アプリでした。しかしながら、2016年1月より無料化されました。

目次

イーロン・マスクがツイッターで呼びかけ

今回のニュースは、WhatsAppがその膨大な顧客情報を、親会社であるFACEBOOKと共有するという噂に発したものです。FACEBOOKは当然、広告モデルで収益化をしていますので、とうとうWhatsAppをそのために活用するのか、ということで大きな話題になっています。

世界の資産家ランキングのトップに躍り出たイーロン・マスクは、FACEBOOK嫌いを公言して憚りませんが、自身のツイッターで、オープンソース・ベースのメッセージングアプリ「Signal」を使おうとフォロワーに呼びかけました。こうした動きもあって、Signalの新規ユーザー数が急騰し、認証手続きに遅れ等の障害が出ているとか。。

こうした事態に慌てたWhatsAppは、顧客情報の取り扱いはこれまでと何も変えないというメッセージを発出しましたが、詳細は来月に予定されているポリシー変更の詳細を見るまでは、何とも言えなさそうです。

‍EISの考察

  • 独占・寡占的な立場にある大手ITプラットフォーム企業による顧客情報の取り扱いは、欧米を中心とするユーザーにとって非常にセンシティブな問題になっている
  • 米国、欧州政府は、独占禁止法、個人情報取り扱い又は課税強化の観点から、大手ITプラットフォーム企業への規制・取締りを強化しており、政治的にもホットなトピックになっている
  • コマース、エンタメを始めとして、あらゆるサービスが大手ITプラットフォームに集約化され、ユーザー利便性が向上する一方で、当局及び一部の先進ユーザー(イーロン・マスクを含む)によるプラットフォーム離れの兆候が見え始めている
  • オープンソースかつ公的なプラットフォームを作り、活用しようとする動きが予想以上に早く進んでいくかも知れず、そうした動きにも注視すべき

最新記事を週2回メールでお届けします。
EIS Insightの無料メルマガに登録しませんか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてください!

気に入った記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる