弊社共同代表の方 健太郎がNewsPicksのプロピッカーに就任!独自の視点でコメントを日々投稿しています→フォローする

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)のポテンシャルと課題

Play to Earn
URLをコピーする
URLをコピーしました!

最近のオンラインゲームでは、プレイヤーはゲームをプレイすることでNFT(non-fungible token)やその他のブロックチェーントークンを獲得することができ、獲得したNFTやトークンは暗号通貨と取引あるいは販売されたのち、任意の法定通貨(FIAT通貨と呼ぶ)と交換することができます。これらのゲームは「ブロックチェーンゲーム」「NFTゲーム」とも呼ばれ、Play To Earn(プレイ・トゥ・アーン)のゲームプラットフォームとして知られています。

Axie Infinityは、NFTのゲームキャラクターをプレイし、ユーティリティトークンの形で報酬を獲得することでキャラクターをレベルアップさせることができるゲームであり、Play To Earnブームの発端となりました。このムーブメントはパンデミック時に大きく飛躍しました。Axie Infinityは、2021年にフィリピンでビジネスの閉鎖を余儀なくされた人々が自宅でゲームをプレイしながら収入を得られることを知り、ブームになったことで大規模なユーザーベースを獲得しました。

Play To Earnはすでに大きな市場となっており、2020年の3億2000万ドルから2021年には15億ドルに急成長しています。また2022年第1四半期には、世界のブロックチェーン取引の52%がゲームに関連するものでした。

目次

NFTゲームはなぜ過去世代のゲームと違うのか?

ビデオゲーム内の経済圏からお金を稼ぐという発想は、何も新しいものではありません。オンラインゲームコミュニティが誕生して以来、人々はゲームを通じてお金を稼ぐ方法を見出してきました。この方法は、大規模な多人数参加型オンラインゲーム、特にMMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Games)で顕著に見られました。一部のプレイヤーは時間とスキルを費やして強力なキャラクターを育て、ゲーム内で大きな利益をもたらすレアアイテムを獲得します。そして、このようなアイテムを獲得するために時間を費やすことができない、あるいは費やすことを望まないプレイヤーが、対価を払いそのキャラクターを買うのです。

photo credit:World of Warcraft

人気オンラインゲームWorld of Warcraftの全盛期には、プレイヤーは強力なアイテムを持つ高レベルのアカウントを売って数千ドルを稼ぐことができましたが、この行為は一般的には禁止されていました。さらに、アカウント、キャラクター、アイテムを販売する公式な方法が存在していなかったため、取引はリスクを伴うものとなっていました。

しかし、新世代のPlay to Earnゲームでは、アイテムやキャラクターを販売することが重要な特徴となっています。プレイヤーは自分のキャラクターをアップグレードし、レアアイテムを獲得して、その価値を高めることが奨励されます。そして、ゲーム自体が、これらの資産を暗号通貨と交換するためのツールを提供するのです。

Axie Infinityのビジネスモデル

Axie Infinityは、ポケモンにインスパイアされた「ブリード&バトル」ゲームです。このゲームは、ベトナムのゲーム開発会社であるSky Mavisによって2018年初頭に制作されました。プレイヤーはゲームプレイ中にSLPトークンを獲得し、取引所でお金と交換することができます。

photo credit:Axie Infinity

ゲームを始めるには、Axie(アクシー)と呼ばれるNFT(ゲームのポケモンのようなキャラクター)を3つ購入する必要があります。Axieは現在は20~30USDで取引されていますが、以前は数百ドルで取引されていた時もありました。初期費用はかかりますが、所有しているAxieは転売できることに加え、「遊んで稼ぐ」アプローチによりお金と交換できる暗号トークンの報酬を得ることができるという利点があります。

Axie Infinityの4つの主要通貨

  1. Axie(NFT):
    ゲームのキャラクターとして、また参加条件として使用されます。
  2. Smooth Love Motion(SLP):
    Axieを再生産するために使用される通貨です。SLPはプレイヤーに直接販売されることはなく、PVE(プレイヤー対環境)およびPVP(プレイヤー対プレイヤー)のアクションやバトルによってのみ獲得することが可能です。
  3. Axie Infinity Shard(AXS):
    アクシーエコシステムの意思決定者、所有者となることを可能にするガバナンストークンです。
  4. Terra:
    ゲーム内で使用される仮想不動産で、プレイヤーが購入、賃貸、開発することができます。

プレイヤーは主にSLPを獲得し、新しいAxieを成長させ、暗号通貨と交換し、法定通貨に交換することでお金を稼ぐことができます。これは、フィリピン、ベネズエラ、タイ、ブラジルなどでパンデミック時に人々が収入を補う方法として爆発的に普及しました。その結果、Axie Infinityは1年間でユーザー数が0から300万人に増加しました。ロックダウンが緩和されてからはやや停滞していますが、それでも月間アクティブプレイヤーは250万人を大きく上回っています。

出典:Activeplayer.io

Axie Infinityが直面する課題

しかし最近の状況はAxie Infinityとその開発者であるSky Mavisにとって困難なものになってきています。Axie Infinityはもともと、”Proof of Work “ブロックチェーンであるイーサリアム上で取引されていました。”Proof of Work “とは、コンピュータの演算能力(ハッシュレート)を利用してブロックチェーンのブロックを検証する仕組みのことで、このようなシステムでは、トランザクションの混雑と「ガス代」と呼ばれる取引コストが問題となります。

イーサリアムの取引コストは、Axie InfinityのSLP取引のような低額の取引には見合いません。そこで、この問題を解決するため、Axie Infinityは、複数のゲートウェイを通じてイーサリアムにリンクしたRoninという“Proof of stake”サイドチェーンを作成しました。“Proof of stake”とは、ブロックチェーンに大きなステークを持つユーザーまたはゲートウェイのネットワークに依存し、このステークを通じて取引を保証する、取引ブロックを検証するエネルギーの低い手法です。よりスケーラブルである一方、「ガス代」をより低く抑えることができます。

しかし、こうしたサイドチェーンはサイバーハッキングの対象にもなり、3月23日にAxie Infinityに起きたのはまさにそれでした。ハッカーはRoninネットワークに侵入し、推定6億ドルの暗号通貨を盗み出したのです。Roninとイーサリアムの間のブリッジが閉じられ、プレイヤーは収益をイーサリアムに、そこから法定通貨に送金する手段を失いました。この大規模な盗難により、ゲームに対するプレイヤーの信頼が損なわれました。Axie Infinityは問題を修正しブリッジを再開するための措置を講じましたが、ユーザーが留まってくれるか離脱してしまうかは今後数カ月でわかるでしょう。

EISの考察

  • Play To Earnは分散化と共有所有権というWeb3.0の概念に沿ったもので、今後数ヶ月から数年以内に、「フリーミアム」のように、主要なゲームプラットフォームに浸透していくだろう。実際2022年第1四半期には、「Crazy Defense Heroes」、「Pegaxy」、「Arc8」のような新しいタイトルが人気を博し、業界が盛り上がりを見せている。
  • 一方、これらのゲームの少額取引をサポートするために必要な“Proof of stake”ブロックチェーンには、修正すべき重大なセキュリティ問題が残っている。ハッカーの創造性が増しているため、これらの問題に対処することは困難かもしれないが、このモデルが真に広く採用されるためには、セキュリティ問題の解決が重要である。
Play to Earn

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてください!

気に入った記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる